じろうらもガレージBlog ガレージプランを検討する 忍者ブログ
じろーらもの北軽井沢での、格安手作りガレージライフのブログです。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

物件購入で費用面で色々考えてみた。
まず、リフォームプランなのだが、建物内部よりリフォームよりガレージのプランである。
床下ガレージのプランを検討してみたのだ、現地で床下ガレージの寸法について調べてみた。

まず奥行きが3.5m高さ1.9m幅9.0mということで垂直にクルマは、建物前面より入れることが出来ない、縦列駐車の置き方で1台分ということだ、それでも幅は9mあるのでバイクや物置にも出来る。
まずはこれでも十分である。
高さもクロカンやミニバンは無理だが1.9mあれば普通のクルマなら問題ないだろう。

部屋からクルマが見えるような豪華な物ではないがおもしろいガレージが出来そうな気がする。

デザイン的には外観が少し白黒基調でかつ形状が単調な為に質感と楽しさ感がないのでこのあたりをガレージで演出できないか考えてみた。




まず床下は鉄骨の基礎で出来ているので鉄骨を赤く塗ったらアクセントになる感じがする。
「和モダン風デザイン」にしたらいいのではないかと考える。
密閉式でブロックで囲い前面はシャッターというのがいいだろう。

ただスキップフロアでガレージ背面はなんと上記写真のように浅間山の麓ということで溶岩石が鎮座している。
後方の建物は、この岩石の上に鎮座しているのだ、この岩石をあえて利用した背面の壁がおしゃれではないだろうか、洞窟風の壁というのはどうだろうか、モルタルとブロックで隙間を埋めることでいい雰囲気なりそうだ。

ガレージ周り、地面は土間コンを壁のブロックはやはりプロに任せるのがいいと思っている。
実際に群馬の業者と東京の業者に見積もり依頼をしてみた。
ここでの床下ガレージ工事単価があまりにも高いと、そもそも、このプランが成り立たないからである。

この土地は寒冷地なので土間コンは凍結深度の関係で厚めに敷くことになるらしい。
見積もりが出たのだが、価格が想定以上に高くついた、シャッターがかなりの価格を占めるのだ、電動シャッターで幅を特注としているのが理由らしい、幅広の縦列駐車故に広くシャッターの面積とっているのが原因である。
確かにシャッターはガレージのメインとなるところなので「ちゃち」にしたくはないが、このシャッターの値段高さは悩みどころだ、スチールガレージが買えてしまう金額なと本末転倒だ..
であれば、別に平地の建物付きでスチールガッレージを設置できる物件を探す方が効率いいのだ。

色々ネットで調べる、見積もり品は特注電動だからこれを、既製品の3連物にする、毎日使うガレージではないので電動の利便性はなくてもいいと考え、手動にする。
見積もり業者に価格交渉する、するとシャッターの価格は三分の一以下に下がった。
その他の見積もりに関しても、きちんと交渉して最終的には当初の見積もりの半分以下で納得の範疇となった。
ガレージ施工費約、110万位の予算となった。

ちなみに建物物件の方についても、値引き交渉をしてみた、30万ほど値引きをしてくれるとの事だ。
やはり聞いてみるものだ。

細かい諸経費は抜きとして、約300万を切る予算でガレージ別荘が実現出来る結果となったのだ。
建物内装外構など、その他はDIYで少しづつやっていく事をするのだ。

7月末以降に、売り主、仲介不動産屋と3者で契約で話は進みつつある。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
じろうらも
性別:
男性
職業:
あるまーらんど国王
趣味:
畑仕事
自己紹介:
( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \
よろしくな..
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新CM
[09/18 yaya]
[07/16 ハルミー]
ブログ内検索
カウンター
お天気情報
ブログ評価
アクセス解析
忍者アド

Copyright © [ じろうらもガレージBlog ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]